HOME > エネルギー応用科学専攻

カリキュラム

エネルギー応用科学専攻

講座の教育・研究内容

講座名 分野名 内容説明
エネルギー材料学 エネルギー応用基礎学
プロセスエネルギー学
エネルギーの応用と利用に関する熱科学の基礎と応用に関して、諸現象の解明と探求、ならびにこれらを支える基礎科学について教育・研究を行います。
材料プロセス科学
プロセス熱化学
エネルギーを有効に利用するためのエネルギー材料の創製・開発・プロセシング、またその基礎原理に関する教育・研究を行います。
資源エネルギー学 資源エネルギーシステム学
資源エネルギープロセス学
ミネラルプロセシング
資源エネルギー安定供給システムの創出、高効率エネルギープロセスの開発、さらに宇宙環境など極端条件下のエネルギー材料プロセシングについての教育・研究を行います。
高品位エネルギー応用
(協力講座)
機能エネルギー変換
エネルギー材料物理
光量子エネルギー学
社会的受容性の高い基盤エネルギーの発生と応用、またエネルギー機能変換について、新技術の開発を目指した教育・研究を行います。
先端エネルギー応用学 (客員講座) 新しいエネルギーとして考えうるエネルギーの開発と利用、再生可能なエネルギーについて原理、実現のための必要事項、方法などについて教育・研究を行います。

授業科目

修士課程 博士後期課程
  • エネルギー応用科学特別実験及び演習第1,2,3,4
  • エネルギー応用科学通論
  • Advanced Enegy Science and Technology
  • 薄膜ナノデバイス論
  • 電力システム工学
  • 材料プロセシング
  • 機能素材プロセシング
  • 熱化学
  • 資源エネルギーシステム論
  • 海洋資源エネルギー論
  • 数値加工プロセス
  • 計算物理
  • 物理化学特論
  • 光量子エネルギー論
  • 電磁エネルギー学
  • エネルギー有効利用論
  • 先進エネルギー論
  • 学外研究プロジェクト
  • 特別基礎科目1, 2
  • 産業倫理論
  • 学際的エネルギー科学特別セミナー
  • 応用熱科学特論
  • エネルギー応用プロセス学特論
  • 資源エネルギーシステム学特論
  • 先進エネルギー学特論
  • 光量子エネルギー特論
  • 特別学外実習プロジェクト
  • Advanced Energy Science and Technology
このページトップへ