エネルギー科学の学理の確立をはかる

令和3年度修士課程入学者選抜の英語試験の変更について

エネルギー基礎科学専攻 令和3年度修士課程入学者選抜の英語試験の変更について

2020年4月30日

エネルギー基礎科学専攻志願者 各位

 新型コロナウイルス感染の拡⼤により、当初予定していた英語の外部試験(TOEIC と TOEFL iBT)の受験が困難な状況が発⽣しています。今後も事態が改善されない可能性を鑑み、令和3年度のエネルギー基礎科学専攻の⼤学院修⼠課程の第1回選抜試験(令和2年 8 ⽉ 20 ⽇に実施)および第2回選抜試験(令和 2 年 9 ⽉ 23 ⽇に実施)における英語の試験は、今年度に限り、外部試験を出願要件とせず、英語試験も実施しないことを決定しました。尚、専⾨試験は予定通り実施し、合否は専⾨試験の成績で判定します。既に外部試験を受験した受験⽣の⽅には申し訳ありませんが、⾮常事態のためご理解いただきますよう、お願い申し上げます。
 尚、これに伴い、第1回選抜試験および第2回選抜試験の試験時間は、英語試験はなくなり、専⾨試験は予定通りです。詳細は受験票の発送時にも通知します。

PAGETOP